hatoのゼロから始める副業ノートブック

仕事とプライベートの合間で稼ぐ「副業・小遣い稼ぎ」に関しての備忘録

SEO|ブログ記事2000文字以上必要か 検索上位への道2019

こんばんは。

 

 

hatoです。

 

 

突然ですがブログ記事の文字数を

「2,000文字以上」で書こうと決めました!!

 

 

皆さん文字数を意識してますか。 

 

 

これまでに私は「1,000文字」以上を意識して

今まで書いてきました。

 

 

なぜ

「1,000文字以上」なのか

思い返せば

「Googleアドセンス」審査を合格するための

条件でした。

 

 

 

ですがSEO対策のことを

調べていくと

「1,000文字以上」では足りないような気がするんです。

 

 

ということで

 

今回の記事では

  • なぜ「1,000文字以上」ではなく「2,000文字以上」なのか
  • 長文記事を書くときの注意点
  • 長文記事の書き方

この3点を

以前に投稿した記事

「【SEO】100記事・毎日投稿・1000文字の効果は?5分で理解 」

をベースに

仮説立てながら解説をしていきたいと思います。

 

 

 

f:id:hato4268:20190831154637p:plain

 

 

1、SEO対策の必要性

SEO対策とは簡単に言うと

 

自分の書いた記事が

「Google」「Yahoo」の検索結果ページの

上位に表示する可能性を上げる手法のことです。

 

SEO対策を「する」「しない」で

表示順位に差が出ます。

 

SEO対策について

SEO|初心者が最初にできる6つの対策|検索上位への道2019年

の記事に詳しく解説しています。

 

SEO対策は

当然のことですが

「早く取り組む」ほど

効果が現れるのが早くなります!!

 

2、1,000文字以上より2,000文字以上が良い理由

2-1 SEO対策として効果を推測

大きく分けてポイントは2つです。

 

  • ライバル記事に勝ちやすい文字数と推測

アドセンス審査を思い出してください。

合格した沢山のサイトが

 

「1,000文字以上」で合格できました

 

と報告している記事をよく目にしましたので

大体1,000文字を意識した

記事で世の中溢れていると推測できます。

 

 

 

 

  • ちょっとがんばれば書きやすい文字数

意識してちょっと深堀するだけで

2,000文字は書く事ができそうな文字数だと思います。

 

 

私が2,000文字を意識する理由は

「労力」「効果」

パフォーマンスが良さそうだなっと思ったからです。

 

 

 

もう少し詳しく解説すると以下の通りです。

 

2-2 Googleが求めるサイトの評価基準を考える

Googleからサイトの評価を得るには

読者に「有益」である。

という条件があります。

 

読者様にとって

その記事は

「ためになっていますか」

「問題を解決できていますか」

という

記事の「質」

を見られています。

 

 

2-3 Googleが記事の「質」部分を見るポイント

では「Google」は

どの様に「質」が有るか無いかを

判断するのでしょうか。

 

 

読者は読んで「有益」だったかを判断します。

 

Googleは「クローラー」というロボットを使って

サイト情報を収集してデータベース化します。

 

収集された記事は「有益」であるかを

Googleのアルゴリズムによって

判断されます。

 

そのアルゴリズムの条件の1つとして

『文字数』は記事の「有益」を調べるために

Googleが重要視している

最初の「判断基準」だと思います。

 

3、2,000文字を意識しすぎも危険。読みやすい文章にする方法

今度は長文になるほど

記事を作成するのに

気をつけるポイントがあります。

 

3-1 「有益」=「文字数」ではない!!

文字数は「有益」かもしれない

という判断材料の1つでしかないので

 

文字数にこだわりすぎると

逆に文章が読みにくくなり

Googleだけではなく

いつも読んでくれた読者からも

評価を落とすことに繋がってしまいます。

 

 

3-2 長文を書くときは「型」にはめましょう

どのように記事を書くと

「説得力」が増し

読みやすくなるかというと

「型」に内容をあてはめて

書くことをおススメします。

 

  1. 「結論」
  2. 「理由」
  3. 「理由」を掘り下げ
  4. 「結論」

 

とにかく最初の「結論」が重要!!

 

最初の結論がないと続きの長文を読む興味が沸きません。

そして結論を待たずして離脱される可能性があります。

 

 

結論から書いたほうが良い点

  • 早期離脱を防ぎやすくなる
  • 結論に対しての理由ですので「説明」しやすく「内容」がぶれない。
  • 結論の「信頼性」「説得力」が増します。

 

 

 

「読む側の気持ちになって文章を書く」ことを

忘れずに記事を書いていきましょう。 

 

 

まとめ

私は文章を書くのが苦手です。

毎回時間がかかってしまいます。

 

ですが

文章力はひとまず置いといて

 

読者様だけではなく

「Google」からも好かれる

記事にするには

 

「2,000文字以上」の有用性は有ると思います。

 

 

 

あと副産物として

「2,000文字以上」を意識しながら

過去記事を読み返したら

新たに記事を「深堀り」する方法が

見えてきました。

 

 

  

 

ブログ記事「2,000文字以上」を暫く続けていきます。

また具体的に効果が見えたら

皆様にお伝えしたいと思います。

 

 

 

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。

できるWeb担当が使うSEOツール | ドメイン無制限の【無料体験版】

SEO対策関連記事